バイアグラ国産ジェネリック

バイアグラ国産ジェネリック/値段がお手頃な国産ed治療薬

バイアグラ国産ジェネリック

世界中で、ed治療薬と言えばバイアグラと言われるほど認知されているバイアグラの、国産ジェネリックがいよいよ解禁になりました。

 

2014年5月19日、東和薬品株式会社より「シルデナフィル OD 錠 50mgVI・トーワ」という名前で、1錠1200円での発売になりました。

 

錠剤の形は、OD錠という薬独特の苦みが無く唾液の水分だけですぐに溶けるもので、水なしで服用が可能なんです。

 

 

「コーヒー風味」「レモン風味」という2種類の味を選択できます。

 

日本の場合、バイアグラ国産ジェネリックを発売するには、バイアグラの成分であるシルデナフィルの「物質特許」と勃起不全治療の「用途特許」が満了する事が絶対条件なんですね。

 

2013年5月17日に「物質特許」が特許権存続期間を満了し、「用途特許」が2014年5月13日に満了した事で、どの薬品メーカーでもバイアグラ国産ジェネリックを製造する事が出来るようになったんです。

 

バイアグラ国産ジェネリックを製造出来るようにはなったんですが、人間の健康に直節関係する医薬品においては、生物学的同等性」と、「薬剤の安定性」を証明した後でないと、厚労省から製造販売承認を得ることが出来ないんです。

 

なので、2013年に特許が満了しても、実際販売を開始したのが1年後になったのにはそのような事情があるんですね。

 

2014年9月19日には、キッセイ薬品工業株式会社からバイアグラ国産ジェネリック「シルデナフィル錠 50mgVI・キッセイ」が発売されています。

 

価格は1錠1000円と、「シルデナフィル OD 錠 50mgVI・トーワ」より少し低価格になっています。

 

その他にも、2014年8月4日には「株式会社陽進堂」から、8月20日には「武田薬品株式会社」からもバイアグラ国産ジェネリックが発売されています。

 

ちなみに、インターネット通販でインド製のバイアグラジェネリック「カマグラゴールド」を購入すると、100mg錠が1錠744円ですから、50mg錠に換算すると372円なので、価格的には国産のバイアグラジェネリイクよりだいぶ安く購入できますね。

 

バイアグラ国産ジェネリックの安心感を取るか、外国製の安さを取るか、選択肢が広がったことは間違いありませんね。

 

国産バイアグラジェネリックの事を理解したうえでバイアグラの事をもっと知りたい方は次のページから詳しく解説しています

バイアグラ・ジェネリック

年金や健康保険などの社会保障費が、高齢化社会を迎えてますます増大していきます。

 

それらの抑制対策として、国や政府で様々な議論が繰り広げられています。

 

その中で、医療費の抑制の切り札として厚生労働省が推進しようとしているのが、ジェネリック薬の普及なんです。

 

 

現在日本での、ジェネリック薬の数量シェアは23年9月に時点で、39.9%です。

 

厚生労働省は、これを2030年には60%に引き上げていきたいという目標を掲げています。

 

ちなみに、世界の医薬品のシェアを見てみると、2010年のデータでは、アメリカ91%、ドイツ82%、イギリス73%、フランス62%とジェネリック医薬品の使用率が60%を越えています。

 

欧米などでは、新薬の特許が満了した1か月後には、市場の約80%がジェネリック薬に切り替わるほど、ジェネリック薬が普及しているんです。

 

ただ、日本の場合は薬をジェネリックに代えると、病院の収益が減ってしまうため、今までは積極的にジェネリック薬は処方しませんでした。

 

ここに来て、政府ではジェネリックを処方した場合は、診療報酬を上げる案も検討されています。

 

医薬品の特許は「物質特許」や「製法特許」などがあり、販売を開始するまでは時間もかかりますが、欧米の例を参考にしながら、よりスピーディーに発売できるようにしてもらいたいと思います。

 

もちろん、私たちの体の中に入る物のなので、早ければ良いというものでもないとは思いますが。

 

政府の方針でジェネリック薬の普及が進む傾向になるなかでバイアグラの事をもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

バイアグラ・飲み方

バイアグラを飲んでも、あまり効果を感じられないという人がたまにいます。

 

バイアグラは食事の影響を受けやすいので、食事が原因で効果が無いのかなと思われる方もいるかもしれません。

 

バイアグラ以外のed治療薬、「レビトラ」や「シアリス」、特に「シアリス」は食事の影響を受けないということがメリットして宣伝されています。

 

ところが、「シアリス」についても、飲み方を誤ると効果を実感できない場合が出てくるんです。

 

最も効率よく薬の効果を発揮させるためのキモは「完全な空腹時に服用する」という事なんです。

 

「そんなことは当たり前のこと」と思われる方が沢山いらっしゃるかもしれません。

 

しかし、意外とこの事をきっちり守っている方が少ないのが現実なんです。

 

「完全な空腹時」とは、胃の中に食物が一切入っていない状態のことなんです。

 

 

胃の中に入った食物が完全に消化されるのには、最低でも2時間かかると言われています。

 

食事の種類にもよりますが、中華料理など脂分が多い食事ですと、2時間かかる場合もあるんですね。

 

なので、自分では食事をしてからだいぶ時間が経過したので、薬の効果に影響はないだろうと思っても、実際には完全に内容物が消化されておらず、その結果「あまり効かない」という結果になってしまうんです。

 

それでは、薬の効果を100%発揮させるためにはどのようにしたらよいのでしょうか?

 

朝から何も食べないのがベストですが、そうもいかないと思いますので、ベッドインを何時にするかにもよりますが、通常夕食前1時間くらいに服用すれば良いと思います。

 

その時間なら、昼食で食べた物はほとんど消化されているはずなので、胃の中が空っぽの状態になっていると思います。

 

胃に何も入っていない状態でバイアグラを飲むと、バイアグラの成分であるシルデナフィルが血液中に素早く吸収されるため、効果も早く現れるんです。

 

正しい服用の方法で効果が実感できるバイアグラを更に詳しく知りたい方はここからお入りください

バイアグラジェネリック・インド

医薬品、特にジェネリック医薬品のシェアで、インド製薬産業の世界の医薬品市場におけるシェアは、2004年の統計で金額で世界13位の1.0%、数量で第4 位の8%を占めています。

 

医薬品産業の世界全体での伸び率は8%であるのに対して、なぜインドの医薬品産業は12%も伸びているのでしょうか?

 

インド国内には、医薬品製造にかかわる企業が2万社以上存在し、全体の7割を上位250社が占めています。

 

日本でも、社会保険料の削減を進めている折から、2030年までに患者に処方する医薬品に占めるジェネリック薬のシェアを30%まで高めるという目標を、厚生労働省が発表しました。

 

 

それにともない、インドの医薬品メーカーも積極的に日本に進出し、短期間のうちに日本法人を設立して、日本への進出を図っています。

 

このような積極的な海外進出と、欧米先進国に比べて55%という生産コストの低さ、化学を学ぶ優秀な人材、インド独特の特許制度などが、インドの医薬品産業が大きく伸びている原因なんですね。

 

そのなかでも、インドの優位性を高めているのが、インドの特許制度なんです。

 

「1970 年特許法」と言われるこの法律は、医薬品の「物質特許」を一切認めない法律なんです。

 

つまり、欧米先進国の医薬品メーカーが開発した医薬品を、特許使用料を払わずに「ジェネリック薬」として合法的に生産することが可能だったんです。

 

その後、2005 年3月に1970 年特許法を改正し、2005年特許法では、従前の異なった製造方法で同じ効果の安い医薬品を製造することができる「製法特許」制度から、「物質特許」制度を採用するようになったんです。

 

2005 年特許法で、インドのジェネリック薬の優位性は多少下がりましたが、発展途上国などで「国境なき医師団」が使用する、エイズ治療薬の84%がインド製のジェネリック薬であり、圧倒的なシェアを占めているんです。

 

アフリカなどの貧しい国々では、インド製のジェネリック薬なしには、国の医療制度自体が成り立たなくなっているんです。

 

インド製の良質で安全なバイアグラを更に詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

バイアグラジェネリック・国内メーカー

政府の社会保険料削減を受けて、医療費の財政圧迫軽減のためにジェネリックの使用率を上げる施策が実施され始めました。

 

政府は2014年度の診療報酬改定で、病院については、診療報酬に大きく影響する「後発医薬品係数」を導入し、調剤薬局については、ジェネリックを使えば使うほど、収入が増えるような制度である、「調剤体制加算」を強化しました。

 

本来であれば、2012年度までにジェネリックのシェアを30%にする目標を立てていた政府ですが、実績は25%と大きく目標を下回ってしまいました。

 

政府は算式を変更し、2017年度までにシェア60%の達成を目標に掲げ直しました。

 

この影響が製薬業界に及んでいます。

 

「長期収載品」といわれる、特許の切れた新薬を製造しているメーカーの収益が圧迫されはじめているんです。

 

なぜなら調剤体制加算の強化を受けて、調剤薬局がどんどんジェネリックを処方し始めたからなんです。

 

大病院内の薬局も同じように、薬剤部がジェネリック薬に切り替えを始めているんです。

 

大手メーカーは、海外事業の伸びで長期収載品の収益の落ち込みの穴を埋められますが、国内主体で特に強力な長期収載品を持っている中堅メーカーは厳しい収益環境に晒されることになりそうですね。

 

それ以外にも、ジェネリックの発売から5年後にジェネリックへの置き換え率が60%に満たない薬は、通常の薬価引き下げに加え1.5〜2%の追加的な引き下げを薬価改定ごとに受けるという事になったんです。

 

中堅メーカーにとっては、ダブルパンチと言えるほどの衝撃なのではないでしょうか。

 

今後も、国の財政を考慮すればジェネリック薬の普及が止まることはないと思われるので、長期収載品主体のメーカーは戦略の変更が急務になりそうです。

 

今後さらにジェネリック薬を進める病院が増える事を理解したうえでバイアグラの詳細を知りたい方はこちらをご覧ください

ホーム RSS購読 サイトマップ